• Hisano Bell

[コスタリカの果物とスイカ]

また、また食べ物の話しです。嬉しい事もあるのです。私はスイカ大好き人間で、日本にいた時には、大きなスイカの半分位は平気でたいらげていました。こちらのスーパーにもたくさんスイカが売られていますが、何と、私達の住んでいるアテナス市から二重塔の教会で有名な近隣のグレシア市に行く途中の路上で、結構沢山の人家の前でスイカとか、マスクメロンとか、マンゴを売っているのです。スーパーでスイカを買うと、一つ1500から2000コロネス(約260円から380円位)するのですが、こういう田舎の路上の人達から買うと3個で1000コロネス、つまり3個で200円弱で買えるのですから、もう、じっとしていられません。

私がこちらに来た当事、スペイン語を学ぶという目的で孫息子がグレシアのコスタリカ人の家庭に一年間下宿し、その近くの学校に通っており、毎週金曜日になると、彼の住んでいたグレシア市郊外地のサン・イシドロ町まで彼を迎えに行きました。その際に、これらの路上のおじさんやおばさんからスイカを買うのが一つの楽しみになりました。



【 南米で一番綺麗な都市と言われるグレシア市の 中央公園】


マイクルを 送り届ける 若修行

「一人息子を言葉の修行にと遠くの町に離しました。励まし別れる母の姿。マイクル君、15歳になりました。可愛い坊やと思っていたら、父と母の中間に入り、二人の話を取りもって、話の裁判するようになりました。だんだん力になってくれる頼もしさ。万歳!」                         

スイカが一個70円位では、美味しさの面で外れても仕方がないとあきらめがつきますが、スーパーで300円もだして美味しくないのでは頭にきてしまいます。移住後一年目のスイカの季節には、一回に9ケも買ったりしたこともありました。美味しさにかまけスイカを沢山食べた日の夜は大変です。


スイカ食べ 明かりたよりに 御用する


【大好きなスイカにだまされ食べすぎ、夜に何度もトイレに通う。コスタリカでは、田舎の道端で色々な家でスイカをごろ売りしており、こういう所で買うととても安く買える。スーパーで買えば一個三百円から四百円するスイカが、こういう道端だとその四分の一位の値段で買えるので、出たついでにと欲をはり、六個も九個も買ったりして、半分位、平気でたいらげてしまう。そういうことをすると、夜は寝られない。】

スイカだけではなく、この国には沢山のフルーツがあります。これまで食べたこともない果物がお店にでているだけでなく、いたる所に果物の木が植えてあります。その代表的なものが、マンゴ、バナナ、みかん、レモン、ライム、パイナップル、パパイア、マスクメロン、イチゴ、グァヤバ、プランテーン等々とても豊富です。最初は家にマンゴやバナナが結構沢山なっているので、珍しさも手伝って、飽きるほど食べたのですが、そしたら、本当に飽きてしまい、今では昔なつかしの蜜の入ったりんごや美味しい大きな巨峰を夢見る毎日です。それらを口にできるのは、何時の日やら。。。 ということで、今日はコスタリカの果物の話でした。来週を楽しみにしていてください。 よしい 

【家の地所にあるバナナの木】        「これは2012年7月末の投稿の再投稿です」

#コスタリカのフルーツ#コスタリカ#グレシア市#ホストファミリー #コスタリカの果物 

2 views0 comments